企業論理行動規範

会社における企業倫理の徹底を図るため、企業倫理行動規範を次の通り制定する。

  • 社会の要請と顧客のニーズに応えた建設活動を強化・充実させ、安全で良質な建設生産物を提供する。
  • 環境問題の重要性を認識し、自然環境の保全と建設副産物のリサイクル及び適正処理を積極的に推進し、 より良い生活環境を創造する。
  • 地域社会と良好な関係を構築すると共に、積極的に地域の社会活動に参加し、社会貢献に努める。
  • 法令を遵守し、社会的良識を持って企業活動を実践する。
  • 技術開発と生産性の向上を推進し、企業競争力を蓄積強化させ、公正で自由な競争を行う。
  • 社会の秩序や安全に脅威を与える勢力及び団体に対して、毅然たる態度で臨み、便益を供与しない。
  • 安全対策を充実させ快適な職場環境を確保して、従業員の多様性・人格及び個性を尊重し、 豊かな創造性を育む企業風土とする。

経営トップは、本企業倫理行動規範の精神を実現することが自らの役割であることを認識し、 率先垂範の上、社内の周知を図ると共に、実効ある社内体制の整備を行い、企業倫理の徹底を図る。

制定 平成20年3月17日
施行 平成20年4月1日