株式会社中山組 採用情報

信頼と実績を未来へ NAKAYAMA

   
マイナビ2020

MESSAGE先輩社員からのメッセージ

日々成長を続ける中山組のビジネスフィールドで、
それぞれの個性を生かし働く、先輩社員たちを紹介します。

先輩社員

建築施工 / 現場代理人

堀田 貴志 1995年入社 工学部 建築工学科卒

プロフィール

1年目
農畜産物施設新築工事を担当

2~8年目
学校施設、病院、クリニック、中央卸売市場立体駐車場、
マンションなど。

9年目
現場代理人として学校改築工事を担当。様々な建築工事を担当。

10年目~
マンション、ペンション、オフィス、公営住宅など。

現在
現場代理人としてコンドミニアム新築工事を担当。

現在の仕事内容

 品質・安全・工程・原価管理はもちろん、関係者や近隣との打ち合わせなど、現場所長として現場の管理・監督業務をしています。今の現場は観光地に建つ外国人向けのコンドミニアムの建設工事で、約3年の工期があり、工事規模も今までに経験が無いほど大きな工事を担当しています。

SCHEDULEある1日のスケジュール

先輩社員
7:30
出勤 メールチェック、当日の作業確認、準備
8:00
朝礼、現場巡視 各作業員と作業打ち合わせ、納まり等確認、指示
10:00
事務所作業 定例会議用の書類作成など
13:00
協力業者打ち合わせ 午後からの作業確認、翌日作業の内容確認
13:30
事務所作業 工程検討、各業者への手配など
15:30
現場巡視 作業進捗確認、現場全般総点検
17:00
事務所作業 施工図の確認、検討など
19:00
退社

入社のきっかけ
 元々体を動かすことが好きで、外で働く仕事に就きたいと考えていました。また、生まれ育った北海道で働きたいという思いもあり、いい会社はないかと大学の先輩にきいたところ、中山組を知りました。正直それまでは中山組の名前も知りませんでしたね。学生課に問い合わせると、ちょうど求人が出ていたのですぐ応募し、試験や面接を受けて無事内定をもらい今に至ります。

POINTこの仕事や会社のセールスポイント

先輩社員
 施工管理の仕事は現場のすべてを任され、責任が重く決して楽な仕事ではないと思います。その分自分の能力を最大限に発揮することができ、予定通りに現場が進んでいくことに非常に大きなやりがいを感じられます。これは他の職種と大きく異なる点ではないでしょうか。
 また、中山組は自分の裁量で、ある程度自由に現場の進め方を決めることができ、能力や成果をしっかり評価してくれる会社だと思います。

この仕事の苦労ややりがいは?
 基本的に外での仕事のため、天候によって工程に影響が出て、再調整しなければならないなど大変なことも多い仕事です。自分で計画した工程通りに現場が進み、建物が形になり、完成時に御施主様に感謝の言葉をいただいたときは、何とも言えない達成感があります。また、家族や子供たちに自分の手掛けた建物を見せられる喜びがあり、これはこの仕事ならではの醍醐味だと思います。

MESSAGE先輩社員からのメッセージ

先輩社員

 施工管理の仕事は非常に多岐に渡り、様々な知識が必要です。新しい工法など施工技術は日々進歩しており、常に勉強の毎日です。その分、建物が完成した時の喜びは、今までの苦労を忘れさせてくれるほど大きなもので、言葉では何とも言い表しがたい達成感を感じることができます。
ぜひこの達成感を、施工管理を通して皆さんも体験してみませんか?

HOLIDAY休日の過ごし方

休日の過ごし方
休日は家でゴロゴロすることなく、会社の同僚とマラソン大会に参加したり、登山をしたりしています。また最近は、大型バイクの免許を取得し、あちこちにツーリングに出かけています。

他の先輩社員のメッセージ