会社の歴史

1923年
(大正12年)
  • 中山吉次、北海道空知郡滝川町(現滝川市)にて個人創業。
  • 羽幌線工事の砂利納入を請け負う。
1930年
(昭和5年)
  • 土木請負人の許可を得て中山組を設立。
  • 深川魚菜市場の長期保存倉庫を建築。
1939年
(昭和14年)
  • 北海道人造石油工場建設を請け負う。
1944年
(昭和19年)
  • 株式会社中山組を資本金16万円にて設立、代表取締役に中山吉次就任。
1948年
(昭和23年)
  • 資本金を216万円に増資。
  • 石造りの新社屋を建築。
1949年
(昭和24年)
  • 札幌に出張所を開設。建設業法に基づき北海道知事の建設業登録許可を受ける。
  • 旧陸軍戦車の土木機械改造車「チハ車」で機械化。


1951年
(昭和26年)
  • 資本金を1200万円に増資。
  • 機械化、直営施工第一主義で各種大型工事を受注し、全道各地に業容を拡大。
1952年
(昭和27年)
  • 札幌-千歳間の「弾丸道路」(国道36号線)を施工
1953年
(昭和28年)
  • 組織改革により土木部・建設部・舗装部の三部門制にする。
  • 住友石炭「上歌会館」を施工する。後に倉本聡作のドラマ「昨日、悲別で」の舞台となる。
1964年
(昭和39年)
  • 資本金を1億円に増資。
1966年
(昭和41年)
  • 建築士法に基づき北海道知事より1級建築士事務所の登録許可を受ける。
1968年
(昭和43年)
  • 本社社屋を新築(現滝川支社社屋)。
  • 社員持ち株制度始まる。
1969年
(昭和44年)
  • 東京に出張所を開設し、建設大臣登録許可を得る。
  • 前年より進めてきた経営近代化のための機構改革、システム化のもとにコンピューターを導入。
1971年
(昭和46年)
  • 2代目社長に中山弘三就任、中山吉次は会長に就任。
1973年
(昭和48年)
  • 資本金を2億円に増資。
  • 美唄ダム建設工事受注。
1974年
(昭和49年)
  • 札幌支店社屋を新築。
  • 札幌市営地下鉄北34条~北38条間構築工事受注。
1975年
(昭和50年)
  • 直営施工体制から下請施工体制へ移行始まる。
1977年
(昭和50年)
  • 資本金を3億円に増資。
1979年
(昭和54年)
  • エアードームによる冬期施工の実施。
1981年
(昭和56年)
  • 受注高が100億円と突破。 本社機構を札幌移転。
1982年
(昭和57年)
  • 創意工夫コンクールの創設。
1985年
(昭和60年)
  • 中山組施工協力会の設立。
1987年
(昭和62年)
  • 資本金を4億5千万円に増資。
  • 私募債1億円を発行。
1989年
(平成元年)
  • 創業者、中山吉次逝去。
  • 受注高が150億円を突破。
1990年
(平成2年)
  • 滝里ダム本体建設工事受注。
1993年
(平成5年)
  • 創業70周年を迎え、完工高が198億円となる。
  • 滝川市庁舎新築工事を受注。
1996年
(平成8年)
  • 受注高が200億円を突破。
  • 中山弘三社長が勲五等瑞寶章を受賞。
1997年
(平成9年)
  • インターネットホームページを開設。
1998年
(平成10年)
  • 仙台市に東北支店を開設。
  • ISO9002土木部門、ISO9001建築部門を取得。
1999年
(平成11年)
  • 土木部門ISO9001に拡大。
  • 札幌本社社屋を新築。
  • 全社のパソコンネットワーク運用開始。
2000年
(平成12年)
  • ISO9001土木建築の統合。
  • ISO14001を取得。
2001年
(平成13年)
  • 3代目社長に中山茂就任、中山弘三は会長に就任。
2002年
(平成14年)
  • 完工高220億円となる。
2003年
(平成15年)
  • 創業80周年を迎える。営業体制強化への組織改革を実施。
  • 第58回国民体育大会軟式野球(一般B)北海道大会で優勝。
  • 北海道代表として全国大会出場へ。健闘するも4位の成績に終わる。
  • 新規事業開拓のため、環境プロジェクト推進委員会およびPFI事業プロジェクト推進委員会を組織し積極的に活動する。
2004年
(平成16年)
  • 「開発型証券化」で分譲マンション事業展開へ。
  • 北海道開発局優良工事施工業者及び施工技術者表彰を受賞。
  • 首都圏における建築物件獲得への受注活動体制の確立。
  • 中山組環境事業グループの「バイオテクノロジーによる水産加工残さ物処理」が、国土交通省の「地域における中小・中堅建設業の企業連携・新分野進出モデル構築支援事業」に採択される。
  • 北海道森林管理局治山・林道工事コンクール優良工事施工業者表彰を受賞。
2005年
(平成17年)
  • 北広島市中の沢大規模商業施設開発、中山グループが開発行為、造成を進める。
  • 北海道開発局優良工事施工業者及び施工技術者表彰を受賞。
  • 北海道開発局札幌開発建設部部優良工事施工業者表彰を受賞。
  • アスベスト一貫処理で中山組を核に異業種6社業務提携工事発注コスト軽減。
  • 労働時間短縮を目指し、時短推進委員会を組織する。
2006年
(平成18年)
  • 関連会社の環境エンジニアリング㈱が美唄市に管理型最終処分場及び中間処理施設の業務開始。
  • 夕張シューパロダム提体建設工事を受注。
  • 独立行政法人都市再生機構千葉地域支社優良工事施工業者及び施工技術者表彰を受賞。
  • 福利厚生の一環で確定拠出年金制度(401K)を導入。
  • 中山組グループの「通年型ハウス栽培に向けた環境配慮型低コスト加温システムの開発」が国土交通省の「地域における中小・中堅建設業の新分野進出定着促進モデル構築支援事業」に採択される。
  • 時代に相応しい企業を目指し、中山組再構築推進委員会を組織する。
2007年
(平成19年)
  • 北海道森林管理局林道コンクール優良工事施工業者表彰を受賞。
  • 倫理規定制定準備委員会発足。
  • 関連企業の巴産業㈱が米国の建材メーカー、ダイバーシブラスト社と契約を結び同社の〝エコ材〟製品の全道販売を開始する。
2008年
(平成20年)
  • 二代目社長、中山弘三逝去。
  • 企業倫理行動規範を制定・施行する。
  • 特定労働者派遣事業者の届け出を申請・受理される。
  • 滝川市立病院改築工事を受注する。
2009年
(平成21年)
  • 社内システム導入検討委員会設置、平成22年4月の導入を目指す。
  • 営業体制で建築営業本部・土木営業本部制に変更。
  • 名刺1枚で1円、「緑の募金」による社会貢献活動を始める。
  • 個人情報保護規定を制定・施行する。
2010年
(平成22年)
  • 中山グループ従業員の親睦団体「睦会」が設立60周年を迎え祝賀会を挙行。
  • 札幌本社に自動体外式除細動器(AED)を設置。
  • メンタルヘルス研修会を実施。
  • 一層の電子化と業務効率化のため新社内システムを導入。
  • 完工高230億円となる。
2011年
(平成23年)
2012年
(平成24年)
2013年
(平成25年)
  • 創業90周年を迎え、記念事業として奨学金制度を創設。
  • 災害ゼロ「休業4日以上」365日を達成。
  • 受注高が240億円を突破。
2014年
(平成26年)
  • 通信環境改善と通信費削減のためスマートホンの全社員配備による内線化システム導入。
  • 地域貢献の一環で本社に防犯カメラ4台設置 。
  • 空撮による工事記録写真のためマルチコプターを導入。
  • ナノ粒子の品質管理のため分析センターを開設し電子顕微鏡を導入。
  • 災害ゼロ「休業4日以上」600日を達成。
  • でんさいネット制度導入。
2015年
(平成27年)
  • 工事派遣者の諸手当制度の見直し。
2016年
(平成28年)
  • 55歳以降の給与制度の見直し。