中山社長の現場視察NO.174  札医大東棟解体→エナコート南円山修繕→フィネス月寒東→川下線道路改良

中山社長の現場視察NO.174  札医大東棟解体→エナコート南円山修繕→フィネス月寒東→川下線道路改良

 令和3年8月20日(金)、中山社長の現場視察が行われ、同行させていただきました。今回の視察では「札医大東棟解体」、「エナコート南円山修繕」、「フィネス月寒東」、「川下線道路改良」の建築3現場、土木1現場を視察されました。
お忙しい中対応していただいた現場の方々、本当にありがとうございました。
(事務管理部 淺川 夏輝、河合 大輝)

札医大東棟解体
工事名称:札幌医科大学東棟ほか解体工事(2工区)
施工場所:札幌市中央区
施工期間:R3.2.24-R4.3.11
現場担当者:佐藤 結一、久住 弘宣、加藤 峰之

 最初に訪問したのは「札医大東棟解体」の現場になります。こちらの現場では、札幌医科大学東棟の解体工事と附属病院側の機械設備の改修工事を行っております。病院側の機械設備改修工事では、東棟解体に伴い、既存の給気塔が使用できなくなってしまう為、新たに給気ルートを新設する工事を行っています。8月から内部の解体工事に取り掛かり、取材時には5階の内部解体作業、外部足場の荷揚げ作業を行っていました。解体工事に加え、設備の改修工事や新たに給気ルートを新設するなど大変労力のかかる現場でした。今後も無事故無災害で竣工を迎えてほしいと思います。お忙しい中、対応していただきありがとうございました。


エナコート南円山修繕
工事名称:エナコート南円山 外壁等劣化修繕工事
施工場所:札幌市中央区
施工期間:R3.5.10-R3.9.9
現場担当者:松本 孝志

 2つ目に向かった現場は、「エナコート南円山修繕」の現場になります。こちらの現場は、外壁・バルコニ床防水・外部階段床防水などの外装の修繕を行っています。視察当日は、1階周囲のタイル洗い、各所塗装ダメ廻りが行われていました。現場では、クレーンを使用できず、手間や工期がかかることや、駐車車両の移動先が必要数確保できないため、頻繁な場内移動が必要となり、車両を養生しながらの作業となり、苦労されているとのことでした。
こちらの現場は8月中には終了予定とのことで、残りの期間事故がないように工事を終えてほしいと思います。お忙しい中対応していただきありがとうございました。


フィネス月寒東
工事名称:クリーンリバーフィネス月寒ミッドステージ新築工事
施工場所:札幌市豊平区
施工期間:R1.10.1-R3.11.18
現場担当者:十鳥 義久、村田 拓宏、葛西 亮輔、加納 誠也

 3つ目に向かった現場は、「フィネス月寒東」の現場になります。こちらの現場では、地上10階建、ノース棟60戸、サウス棟59戸の2棟、計119戸からなる分譲マンションを施工しています。サウス棟は今年の2月に引き渡しを終え、既に入居者が生活をしていました。取材時は、10階の内装仕上げ工事に着手しており、2階のA,Bタイプを見させて頂きました。内装は開放感溢れるシンプルな造りをしていました。ノース棟の引き渡しも今年の11月と竣工間近な忙しい時期に取材に対応して頂き、ありがとうございました。今後も事故には十分に気を付けて竣工を迎えてほしいと思います。


川下線道路改良
工事名称:川下線(川下646番35地先~川下3号線間)ほか1線道路改良工事
施工場所:札幌市白石区
施工期間:R3.5.24-R3.1.18
現場担当者:前田 勇己、佐藤 裕太

 最後に向かった現場は、「川下線道路改良」の現場になります。こちらの現場は既存の道路よりカーブを緩やかにする工事と、道路にたまる水を排水するための排水路を新しくする工事をしています。この地区は地盤がとても悪いため、路盤材を砂利ではなく、軽い発泡スチロールを盛土材として使って沈下を防ぐ工事をしています。現場で注意しなければならないことは、水より軽い素材を使用するため、発泡スチロールを入れている最中に掘った場所で雨水や湧水などにより水たまりになって、その水を排水できなかった場合、発泡スチロールが浮き上がってしまうことによって施工をやり直さなければならないため、その点を注意しなければならないとのことでした。
残りの工期を無事故、無災害で終えてほしいと思います。お忙しい中対応していただきありがとうございました。