平成28年度 ただ今施工中 東の里排水門盛土

平成28年度 ただ今施工中 東の里排水門盛土

発注者札幌開発建設部
施工者㈱中山組


工 期平成28年4月1日~平成29年2月17日

工事概要

河川土工 掘削工 8,200m3、土砂運搬 7,870m3
盛土工 69,900m3、法面工 10,480m3
法覆護岸工 大型連節ブロック 4,474m2
構造物撤去工・仮設工 一式

 

当現場は、千歳川洪水時のピーク水位を計画以下になるよう、千歳川流域各地に遊水地を設ける洪水対策整備事業一環の河川事業工事です。また、当社として初の女性活用モデル現場となっており、安全・ISO部の本庄千明さんが女性技術者として派遣されています。

「もっと女性が活躍できる建設業」「5年以内に女性技術者・技能者の倍増」を目指して平成26年度から官民一体で進める推進事業。女性が建設業に意欲を持ち、働き続ける為の環境整備、ポータルサイトでの情報発信など、国も積極的に支援しています。最近テレビで特集が組まれたりする事もあり、現場で働く女性を目にする機会も少しずつ多くなってはいますが、まだまだ男性中心というイメージがあり、その中でこの事業をどう進めていくのか、業界としても注目しています。
このように専用トイレなど、女性が働きやすい環境の整備も事業の一環となっています。
現場にて作業状況の安全チェック。1日1回は現場に出て、写真撮影や現場状況を確認しています。
現場に出てみて、改めて現場の大変さが分かったと語る本庄さん。現場での写真撮影、安全書類など現場に関わる書類の作成などが主な仕事。配属が決まった時は、女性社員の代表として頑張りたいと意気込むも、やはり不安もあったといいます。しかし、木嶋所長が同期ということで、山下さん共々コミュニケーションが取りやすい事もあり、周りに支えられながらも、自らのこれまでの経験を活かし業務しています。
盛土作業中。今日は13層目の施工。この後20層まで施工します。
左より、木嶋さん、本庄さん、山下さん

女性社員が現場に配属されるということで、最初は戸惑いもあったと語る木嶋所長。書類作成などしっかりやってくれるので、大変助かっているとのこと。現場はお盆明けの大雨の影響で、8月分の工程としては遅れてはいるものの、全体進捗率は50%程でほぼ工程通りに進んでいます。現場はこれから更に追い込み時期になっていきますが、無事竣工を迎えて下さい。